TaoTronicsの加湿器(TT-AH044)購入

TaoTronics加湿器(TT-AH044)ガジェット
TaoTronics加湿器(TT-AH044)
USK
USK

大容量で1万円以内の加湿器

冬になると部屋が乾燥するので加湿器を使っていたのですが、年々、加湿器から出る匂いが気になりとうとうAmazonで買い替えました。そこで、いくつか条件を決めてどれを買おうかと選びました。

条件
  • 超音波式:電気代節約と音
  • 10畳以上に対応:リビングで使うため
  • 静音
  • 1万円以内

のような条件です。今までは、気化式でフィルタが回転していたものを使っていたのですが、如何せん音がうるさい。そのため、スチーム式や超音波式には絶対したい。しかし、スチーム式は、やたらと電気を使うため、必然的に超音波式にしました。そんな条件の元で見つけたのが

【安全及び保証】
空焚き防止機能も搭載し、タンクに水がなくなった際は、自動的に運転を停止します。ナノコーティングで内部をしっかり防湿保護して、加湿器の寿命を長くします。保証期間:12ヶ月(公式HPにて製品登録でさらに18ヶ月の延長保証対応)

【6.0L大容量】
最大の水容量が6.0Lの超音波式加湿器は、最大60時間を連続的にミストを放出します。約14.5-24畳ほどの部屋やオフィスなどの広いスペースをパワフルに加湿します。

【26dB超静音】
自社開発技術の内部消音構造により、水音を抑えて、「強」運転でも人のささやき声や深夜の騒音レベルより静かな26dBで加湿します。リラックス、学習、作業を妨げないで快適な動作音となり、お休み中の寝室での使用にもおすすめです。

【自動で湿度をコントロール】
加湿器に内蔵される温度センサーが部屋の湿度を正確に測ることができます。設定された湿度レベルに「弱」~「強」で自動調整し、お部屋の温度変化に合わせて自動で加湿量を増減してくれます。過剰な湿気による結露も解消します。

【LEDデジタルパネルで一目で確認】
LEDデジタルパネルを搭載し、室内の設定された湿度レベルがひと目でわかります。スリープモードになると、LEDデジタルパネルがオフになり、安らかな夜の睡眠を実現します。

【安全及び保証】
空焚き防止機能も搭載し、タンクに水がなくなった際は、自動的に運転を停止します。ナノコーティングで内部をしっかり防湿保護して、加湿器の寿命を長くします。保証期間:12ヶ月(公式HPにて製品登録でさらに18ヶ月の延長保証対応)

Amazonの製品紹介より抜粋

TaoTronicsは、Amazonでは、オーディオ機器として名前を見聞きするかと思います。そんなTaoTronicsから加湿器が出ていました。よく知っているメーカーだし、しかも、1万円以内で買えるということで、決定しました。

そして、無事に到着。

モンスターを横に並べて大きさを比較してみました。正直、思っていたよりコンパクトでした。

さて、付属品に謎のスポンジとブラシがついていました。おそらく、ブラシは掃除するときに使うのかなと。

スポンジですが、本体の裏側に給気口があり、そこにフィルタとしてくっついていました。

TaoTronics加湿器(TT-AH044)
TaoTronics加湿器(TT-AH044)

予備のフィルタとして付属品にはいっていたようです。

TaoTronics加湿器(TT-AH044)
TaoTronics加湿器(TT-AH044)

操作画面は、シンプルになっており、設定湿度に合わせた自動調整や表示OFFになるナイトモードなどがついています。そして、照明も。

TaoTronics加湿器(TT-AH044)
TaoTronics加湿器(TT-AH044)

まだ、使い始めですが、いいところと気になるところは以下のような感じです。

・静か
・コンパクト
・吹き出し口が360度変えられる

・表示がもう少しくっきりしてほしい
・吹き出し口が取れやすい
・タンク内が洗いづらそう

現状、使ってみてすごい不満ということはないです。

特に、360吹き出し口の向きを開店させてが変えられるのはとてもいいです。

TaoTronics加湿器(TT-AH044)
TaoTronics加湿器(TT-AH044)


とりあえず1シーズン使ってみてどんな感じが様子見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました