PhotoBookサービス【blurb】のサンプルを注文

Blurb's Sample雑貨
Blurb's Sample
USK
USK

手元に来るまでに紆余曲折が・・・・。

日本国内には、いろんなフォトブックが作れる会社がたくさんありますが、実は、以前、アメリカの企業の「blurb」を使って写真集を作ったことがあります。

Create. Print. Celebrate. Blurb Portfolio Books

なぜ、日本のサービスではなくて、Blurbを選んだかというと、専用ソフトウェアの自由度がとても高いからです。自由自在にレイアウトを変えられるし、何よりフォトブックの大きさや紙質などが豊富に選べれているからです。

アメリカの企業なので基本は、英語によるやりとりです。本格的に写真集を作りたい人にはもってこいのサービスだと思います。

ただし、選択肢が多いため作る際にとても悩む。私も合間を見ながらですが3ヶ月程度かかってしまいました。

そんな頑張って作った写真集がこちらです。

母の日用に2冊作りました。当時、約$200くらいで、概ね21000円くらいだったのかなと思います。1冊10000円・・・。サイズや紙質などちょっといいのを選んだので、いいお値段になりました。しかし、注文する冊数が増えれば、割引になります。今、新型コロナウィルスで円高になっているのである意味注文するのにはいいタイミングかも・・・・。

写真集をデザインしているときに、不安だったのが、紙質。オンラインサービスでは、ありがちな素材選びに困る。各サービスの説明を読んでなんとなくこんなものかなって思いをはせなければなりません。

つい最近、また写真集を作ろうと思っていて、blurbでサンプルないのかなって調べていたら、送料込みで約US $8で購入することができることを発見さっそく注文しました。

到着した品物がこちら

Blurb's Sample

ちょっと残念なのが、厚紙の封書ではないので、ちょっと端っこが折れていました・・・。用意されている紙質と裏表にカラーとモノクロ印刷がされています。

手元で確認できるのはとても嬉しいです。
しかし、これが手元に届くまでに1ヶ月程度かかりました。

Blurbからお荷物番号が送られてきたので、発送3日後くらいにTOKYO,JAPANってなっていたので、すぐに着くなぁって思っていたら、すぐ日本を離れてしまいました。

商品自体は、アメリカセント・ルイスを出発して、アメリカ・シカゴ→日本・東京→アメリカ・シカゴ→日本・東京→ロシア→日本・川崎→日本・札幌というふうに行ったり来たりと繰り返し、ようやく到着。

いやぁ、追跡番号が当てにならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました