Cocoonテーマのアドセンス広告の表示位置を使わないことにした

カスタマイズ
USK
USK

Sponsored Linksという表記がでないから・・・

当ブログの広告表示などを見直しました。基本は、GoogleAdsensさんを使っていますが、このAdsensの表示方法の見直しです。

WordPressテーマであるCocoonさんですが、かゆいところに手が届くのに無料テーマという素晴らしいものです。

以前は、プラグインやカスタマイズをしなければ実装できなかったことなどが盛り込まれているので、プラグインを削減することができました。

特にGoogleAdsensの広告を1回貼れば、あらゆるところに反映することができる機能は素晴らしいです。「アドセンス設定>広告の表示位置」という機能において、タイトルの上、投稿記事の下など表示位置を任意で設定することができました。

しかし、気になることがありました。

それは、「アドセンス設定>広告の表示位置」で設定した箇所に「スポンサードリンク/Sponsored Links」という広告ラベルを表示することができないことです。(もしかしたら、設定の問題?)

広告全体の設定においては、広告には、指定した表記「スポンサードリンク/Sponsored Links」などを表示することができるようなことが書かれているのですが・・・・・。

う~んと、悩みつつもある方法で対策をすることにしました。

それは、ウィジェット側においてCocoonが用意している広告ウィジェットを使えば広告ラベルが表示されるので、「アドセンス設定>広告の表示位置」で設定していた表示位置をウィジェットで適応させるようにしました。

これで、広告ラベルがすべての広告に表示されるようになりました。

コメント