LEGO®モデリング「Studio」が楽しい

Studio:LEGO®モデリングソフト LEGO®/nanoblock®
Studio:LEGO®モデリングソフト
USK
USK

一通り触ってみたので、簡単な解説を

LEGO®が買収したBrickLinkによるLEGO®モデリングソフト「Studio」ですが、ここ数日触ってみるとなかなか使いやすかったです。なので、ざっくりとご紹介。

公式HPをインストールして、起動すると下の画像のような構成になっています。また、BrickLinkのIDを作成し、ログインするといろんなLEGOのライブラリーをインポートすることができるようです。

Sponsored Links

できること

Studioでできることは次に述べることです。(実際に触ってみて使ったこと)

LEGO®のモデリング

実際のLEGO®のパーツのライブラリーを選択して、色や角度などを変えることができます。また、ジョイントパーツの接合も可能です。グループ分け(step)や色選択(透明パーツなども選択可)も可能です。

レンダリング

モデリングしたLEGOを実際の質感などにレンダリングしてくれます。「PHOTOREAL」「POV-RAY」「ANIMATION」の3種類のレンダリングを行うことができます。また、レンダリングの際は、nVidia GPU(CUDA)を搭載していればGPUを使ったレンダリングを行ってくれます。

PHOTOREAL/POV-RAY

PHOTOREAL(左)とPOV-RAY(右)を初期設定の高画質(VeryHigh)でレンダリングした結果です。

PHOTOREALとPOV-RAYの違いは、いまいち理解していないのですが、PHOTOREALが実際のLEGO®に近い見た目、POV-RAYは大げさに表現した感じと言ったところかなと思います。

ANIMATION