WordPressにGoogleスプレッドシートをキレイに表示

WPプラグイン
USK
USK

更新頻度の高いものは、Inline Google Spreadsheet Viewerを使う方がいいかも

Sponsored Links

あ、映画リストを公開したいと思い立つ

ふと、自分が今まで観た映画のリストを作って固定ページに表示しようと思い立ちました。しかし、このリストの作り方に悩みました。いちいちWordpressの固定ページや投稿記事ページを開いてちまちま編集するのがめんどくさい。手間のかからない方法がないかと調べていたら、GoogleスプレッドシートをWordpressに入れ込むことができないかと探してみました。

一応、Googleスプレッドシートの設定から生成されるリンクを挿入することができますがちょっと表示形式が気になる。そこで、なにかいいWordpressのプラグインを探していたら「Inline Google Spreadsheet Viewer」というのを見つけました。

他にもMySQLなどで表示させることができるようなのですが、正直そこまではしたくないと思い調べるのをやめました・・・。めんどくさいので・・。あとは、microsoftのOneDriveなどでもできるようです。

表組みコンテンツを作る一般的な方法

表組みを記事や固定ページに組み込もうと思ったら、Gutenbergの表組みブロック表組みプラグインで有名なTablePressを使うという方法があるかと思います。

ただ、これらの方法で問題なのは、表組みに使うデータがWordpress側に保存されてしまうということ。TablePressは、CSVファイルなどでのインポート/エクスポートができますが・・・。

しかし、情報を更新すると、わざわざWordpressにログインして編集する記事を開いたり、TablePressのファイルをいじる必要があります。簡単なことであれば、大丈夫ですが、更新頻度が高いものになるとちょっと手間というか編集画面が使いづらい。

何かもっと楽にできないかと思い考えていたところ、そういえば、Googleスプレッドシートをそのまま使えないのかと考えました。

Googleスプレッドシートをそのまま挿入

Googleスプレッドシートは、クラウドならではのWEB上でファイルを共有・閲覧することができます。アクセスしたいファイルのリンク(URL)を貼り付けるだけです。

「ファイル>WEBに公開」にて埋め込むためのコードを貼り付けるだけです。そのまま貼り付けると、表示がちょっとよろしくないというか、見ずらい。

Googleスプレッドシート埋め込み後の表示
そのまま貼り付けた場合

ただし、コードを埋め込む際に体裁を調整することができます。Google公式の解説に簡単なカスタマイズについて説明されています。「埋め込んだスプレッドシートを編集する」を参照してください。

プラグイン:Inline Google Spreadsheet Viewer

Googleスプレッドシートをきれいに表示できるのが「Inline Google Spreadsheet Viewer」というプラグインです。