お肌に優しく、髭剃りの刃を長持ちさせるために

雑談
USK
USK

まずは、顔の油脂をしっかり落とすこと

Sponsored Links

普段の髭剃り

私は、ひげが濃い割には肌が弱いです。
そのため、5枚刃のようなひげ剃りでないと、肌が負けてしまいます。

ただ、5枚刃の替刃ってお高い・・・・・。人によっては、違うと思いますが1ヶ月持つかどうか・・・。自分が使っているメーカーの交換推奨が1ヶ月程度なのでそれなりに使えているといえば使えていますが・・・ただ、メーカー推奨って案外マージンをとっているだろうから1ヶ月以上は問題なく使えるはず・・・・。ただ、○印さんのは相性が合わないのかすぐにだめになっていました。替刃はその分安いのですが、交換頻度が高い。

プロからいいアドバイスを授かった

毎日、ひげを剃りながら、もう少し保たないかなって思っていたところ、馴染みの床屋でいいことを聞きました。髭剃りの刃の手入れは当たり前として

USK
USK

顔をしっかり洗って顔の脂をまずしっかり落とす!!

  • 洗顔して、顔の脂をしっかり落とす
  • シェービングフォームをたっぷり
  • ひげに逆らわずに剃る
  • 剃るたびに、髭剃りについたシェービングフォームを洗い落とす

とのことです。顔の脂が刃を傷めてしまう原因なので、とにかく剃る前にしっかり洗顔が大事とのことです。ある程度剃り終わったら、仕上げとして髭に逆らって剃ります。

これを実践したところ、替刃の交換する期間が長くなりました。今まで1ヶ月以内で交換していたが、1.5ヶ月くらいに延びました。
そして、お肌もヒリヒリ感も減りました。。

普段使いの組み合わせ

長年、愛用しているのはジレットの髭剃り&シェービングクリームです。貝印やSchickも使ったことがありますが、 「貝印は、安いけれども替刃がすぐに駄目になる」「Schickは、滑らかに剃れるけれども肌にあたる感触がなんかやだ」という理由で、ジレットで落ち着きました。

髭剃り本体

これは、素晴