WordPressでCOVID-19の情報を表示するプラグイン

WPプラグイン
USK
USK

世界の感染者数や死亡者数をウィジェットや固定/投稿ページに表示することができるようになります。

COVID-19が流行しだしてから、このウィルスを解析するために分散コンピューティングによって世界中のコンピュータをつなげようというプロジェクトが立ち上がっています。詳しくは、以前書いた記事を御覧ください

そこで、Wordpressとして何かやっているのかなぁって思い探してみたところ、Wordpressとしてではなくプラグイン開発者よる世界中のCOVID-19の感染者数や死亡者数などを表示できるプラグインが開発されていました。

この情報を探している中で、あの日本でWordpressテーマを販売しているTCDさんが記事にしていました。

COVID-19の情報を表示するプラグインを「COVID19 – Coronavirus Outbreak Data」が紹介されています。

現在、Wordpress公式からダウンロードできるプラグインは、検索するとたくさん出てきます。この記事書いている時点で84個程度公開されています。

もし、COVID-19の情報をWordpressで立ち上げたサイトやブログに掲載したい場合は、プラグインを使えば簡単にできるので便利ですね。プラグイン側で世界中の情報を集めてくれるので情報収集として使うのもいいかもしれません。ただ、どの程度リアルタイムに収集してるのか、データはどこのデータセットを使ってるかは確認する必要はあるのかなと思います。

たぶん、以下のサイトの情報などを使っているかと思います。

worldmetersは、COVID-19以外にももともと世界中の様々な統計的な数値を公開しているようです。

統計を調べる上ではとても便利なサイトかと思います。