RaspberryPi4を使いBOINCへボランティア参加

RaspberryPi4環境 RaspberryPi
USK
USK

余っている時間に自分のコンピュータの力を解析のために提供

Sponsored Links

病気の解明に貢献した Folding@home

新型コロナウィルスについて、TVやインターネットなどでニュースが流れています。科学的なことでは遺伝子解析やらなんやらと出ています。スパコンとか使って解析しているのかなって思いつつも、ふと思い出したのが「 Life with PlayStation®」。 Folding@home という分散コンピューティングプロジェクトをPS3でつかえるようにしたソフトです。

主に、医学系の解析をメインにしていた記憶があります。アルツハイマー病や新薬の研究など。

そもそも分散コンピューティングとは

プログラムの個々の部分が同時並行的に複数のコンピュータ上で実行され、各々がネットワークを介して互いに通信を行いながら全体として処理が進行する計算手法

Wikipedia:分散コンピューティング

PS3は、処理能力が素晴らしいということで、世界中のPS3をつなげて解析しようとしました。その結果、1年かかる解析が数週間で終わったりと、かなりの成果を上げたようです。私も、ゲームをし終わったあと1時間 Life with PlayStation® に参加していたりしました。

そんなことを思い出し、そういえばRaspberryPi4でも分散コンピューティングできるよねと思い、 Folding@home をインストールしようと調べてみたところ、Raspbianに対応していないようです。ただし、WindowsやMacや他のLinuxなどは対応。

RaspberryPi4 (Raspbian)でも動くBOINC

そこで、Raspbianでできるものはないかと調べていたら、どうやらBOINIC(Berkeley Open Infrastructure for Network Computing)というのを発見。分散コンピューティングを行うプラットフォームのようなもので、これをベースに解析プログラムを開発すればBOINCをインストールしているユーザー自身が参加したいプロジェクトに容易に参加できます。プロジェクトは、宇宙や数学、医学などさまざまな分野があります。

ただ、BOINCのプロエジェクトの中にもRaspberryPi4では動かないものもあるようです。

ちなみに、日本支部的なところもありました。

さっそくRaspberryPi4にインストール

インストール

RaspberryPi4というかRaspbianにBOINCをインスト